もももの徒然日記

オタクな妻による、アスペな旦那くんと愛息子カール君との日々の記録です。

アンダーヘア問題。

こんにちは。

本日は旦那くんと妊婦健診行ってまいりました。

旦那くんは午前休とってくれてまして、午後から出勤していきました。

 

おまめちゃんは元気に育っておりまして、今で推定体重2600gとのことです。

「もうそろそろお母さんの体重セーブしていって良いよ」と助産師さんに言われちゃいました。最近、体重管理甘かったなぁと自覚はあったので素直に「はい」とお返事しました。

 

妊娠36週に入ったし、陣痛が来たらそのまま出産になるとのことで再度陣痛が来た時の連絡の流れや持ち物の説明を受けました。

来週からは健診のたびにPCR検査を提出することになるみたいで、もし万が一陽性だった場合、コロナ対応の病院へ紹介&出産の流れになるみたいです。

残り数週間。このままコロナにならず無事出産を迎えたいと思います!

 

エコー検査では、おまめちゃんが大きくなってきたのでそろそろ各臓器をチェックするのが厳しくなってきた模様。たぶん、徐々に用水の量が減ってるからでしょうね。

本日もお顔の前に手をおいていたので、お顔はちゃんと見えず。ただ、手をグーパーしている様子は見えました。

旦那くんと、「また顔隠してるね~。手は元気に動かしてたけど」とお話しました。

 

で、エコー検査の後は内診検査です。

子宮口の様子を確認するのと、本日はB型溶連菌の検査も受けました。

B型溶連菌って膣内にいる常在菌で妊娠していない時期は感染していても問題ないのですが、赤ちゃんに感染すると重大な病気にかかる可能性があるとのことで、もし陽性だった場合は点滴で投薬治療をしつつの出産になる模様です。

検査事態は、膣内の壁をサッと擦るだけなんですが検査が終わった後しばらくお股の違和感が拭えなかったです。やっぱり機械入れられてるのでしょうがないですよね・・・。

 

子宮口の方はまだ開いてはないみたいです。ただ、少しずつ長さは短くなってるとのことでした。あ~、いよいよ出産が近づいてきてるんやなとドッキドキしてきちゃいました。

 

旦那くんにこの気持を伝えると、「ドキドキしてても、来る時は来るんだから」と言われちゃいました。

「まぁ、そうやけども、そうじゃない繊細な妊婦心を汲み取ってくれよ」と反論はしておきましたが☆

 

 

少し疑問に思ったのですが、妊婦さんてアンダーヘアの処理どうしてるんですかね?

もともと脱毛とかしている人もいるとは思いますが、我アンダーヘアは自己処理はなのですよね。

お腹が小さい頃は普段どおりできてたのですが、さすがにここまで大きくなると下をむけなくて。

 

看護師としましては、医師も看護師もこちらが気にしていても微塵も何も感じていないのは重々承知しているので開き直って自然体のままで今後は検査、出産に臨もうとは思っている次第です。

 

また1週間後の健診まで、つつがなく生活できますように。

 

 

 

余談ですが、旦那くんを見た助産師さんから「旦那さん若いね」的なことを言われたのですが、「いえ、私より1歳上です」と即座にお返事申し上げました。

旦那くんほんま童顔なので、全然大学生とかでも通じる見た目なのでした。