もももの徒然日記

オタクな妻による、アスペな旦那くんと愛息子カール君との日々の記録です。

咳 エチケット

はじめてのおつかい見ながら日記書いてます。

 

今までも見てて何回も泣いちゃったけど、やっぱり自分に子どもが産まれると一入ですね~。

カール君がもう少し成長したときの姿を想像し重ね合わせて泣いちゃってます。

 

ただ一つ決めてるのは、カール君が帰ってくるまで家でドシンと構えて待っていようということです。外で待っておきたい気持ちをグッと我慢して、カール君を信じお部屋で待っときます!

・・・と言いつつ、我慢できなくて泣きながら家の前で待ってたりするんですよね~。

 

 

 

そんな我家ですが、お昼間にちょっとした出来事がありました。

それは旦那くんと2人リビングでのんびりしている時に起こりました。

 

旦那くん、よくクシャミするんですよ。

ぶえっくしゅん!!

みたいな感じの豪快なの。

生理現象だからしょうがないとは思うんですけど、ノーガードなのが前からずっと気になってまして。

手で口を覆ったりなく、盛大なのをかますので床とかに飛沫飛んでるわ~と前からモヤモヤしてたんです。

 

で、今日私が我慢できなくてですね。

旦那くんがいつも通り盛大なくしゃみをしたあとに、「くしゃみする時は口を手で覆ってほしいんやけど」と伝えた後に床を拭いたんですよ。

 

旦那くんはそれはあてつけと受け取ったみたいで、

「それ傷つくわ。なんか俺が汚いみたいにあてつけてさ」

と気分を害した模様です。

 

そっからしばし険悪モード。

 

私もちょっと露骨やったかなと思い「ごめんね。でも気になってん。ただ旦那くんが汚いとかじゃなくて、誰でも咳とかくしゃみは汚いから」と伝えてみても、旦那くんの機嫌は直らず。

 

「そんならもももちゃんが涎垂らして寝てたら、口に消毒液つっこむかファブリーズ シュッシュしてよいの?汗汚いからって毎日枕とか洗濯して良いん?そういう感じで傷ついたんやけど」と追撃がありました。

 

2~3m放射状に飛び広がる咳・くしゃみと局所的な涎を比べんなよ!とか、医療業界の感染予防対策的には汗は感染源からは除外されるんだよ!とかいろいろ頭の中では反論しておりましたが、ここはグッとこらえ「ごめんね」と謝り続けました。

旦那くんを傷つけたのは事実なので。

 

 

さすがに最後は旦那くんの頑なな態度も軟化しまして、無事和解することができました。

旦那くんもくしゃみする時は手で覆うように気をつけると約束してくれました。

 

 

小さな出来事を乗り越えて、また1つ仲良くなったもももと旦那くんなのでした♪